借金の返済に悩んでいるなら必見|専門家に一度相談してみよう

MENU

払い過ぎた利息を取り戻す

お金

過払い金の請求手続き

法律の専門家である弁護士に借金の相談をして、法的に解決する方法を債務整理といいます。別に弁護士に依頼しなくても特定調停といって裁判所に借金相談し仲介してもらって債権者と交渉する方法もありますが、手間や時間を考えると弁護士に代行してもらったほうが効率がよいです。借金の悩みを相談して弁護士が代理人となって債権者である消費者金融と減額交渉や分割返済について話し合ってくれるのですが、そもそもなぜ減額することができるのか、それには金利に関する法律が関係しています。かつて消費者金融などの貸金業者は、出資法という法律に基づき最大29.2%で融資を行っていたのです。利息制限法という法律もあり、こちらは限度額に応じて15%〜20%を上限としていましたが、この上限を超える金利で融資を行っても罰則規定がなかったためにほとんどの消費者金融では出資法に準じて営業をしていたのです。しかし、それが違法であるという判決が多く出たことから利息制限法を超える金利で契約しそれで発生した利息は過払い金として取り戻すことができるのです。特に長期間消費者金融と取引している人にとっては、借金相談をすることで大幅に減額させることができる可能性があるのです。さらに、払い過ぎた利息を計算したところ現在の残高を相殺することができとっくの昔に本来なら完済していたということもあります。また過払い金で残高が相殺し、さらに過払い金が残っているなら現金取り戻すこともできる手続きなのです。

Copyright© 2018 借金の返済に悩んでいるなら必見|専門家に一度相談してみよう All Rights Reserved.