借金の返済に悩んでいるなら必見|専門家に一度相談してみよう

MENU

返済しても残高が減らない

説明

弁護士に債務整理依頼

カードローンを複数の会社から利用していて、毎月返済はしているもののほとんどが利息の返済に充てることがやっとで残高がなかなか減っていかない、そういった場合にはおまとめローンや借り換えローンを利用するといった方法があります。おまとめローンや借り換えローンを利用することで、現在利用しているカードローンの金利よりも低金利になるので、トータルでの返済金額を抑えることができ、さらに借金をひとつにまとめることができます。しかし、審査に通らないとこれらのローンは利用できないのです。そういった場合は、弁護士に借金の相談をすることです。弁護士に相談をすることで、現在抱えている借金を法的に解決することができます。借金問題を法的に解決する方法を債務整理といいます。債務整理といってもその方法は、任意整理、個人再生、自己破産といった方法があります。この中で、一番多く利用されている債務整理の手段が任意整理です。任意整理とは、契約開始から直近までの全取引履歴を債権者から取り寄せ、法定金利以下に引き直し計算を行います。そうすると、払い過ぎていた利息がある場合に減額できる根拠となります。大幅に減額された借金を毎月無理のない返済金額で分割で支払います。3年程度で返済計画を組みますが長くても5年です。任意整理の相談をする場合は、特に借入期間の長い方が有利です。29.2%近い金利で契約していると過払い金が発生している可能性もありますので、気になる方は相談をしてみることです。

Copyright© 2018 借金の返済に悩んでいるなら必見|専門家に一度相談してみよう All Rights Reserved.